事業所内・院内保育はアートチャイルドケア

保育士求人・転職サイト2018保育について

食育

食を営む力

例えば離乳期には十分な手づかみ食べを行い、食べる意欲を育むことを大切にしています。1~2歳児は発達段階に合わせて食器や食具に配慮し、自分で食べる達成感を味わってもらいます。心が満たされた給食の時間を重ねることで、成長とともに「おなかがすいたね。」「今日の給食は何だろう。」「この匂いはカレーだね。早く食べたいな。」など食事を楽しみにする自然な会話が生まれてきます。時には調理室に顔を出して、「今日のおみそ汁のだしの味、とっても良かったよ」などと知らせてくれることもあります。
同時に、旬の食材に触れること、栽培やクッキングなど各園独自の活動も行っています。
「食育だより」や「レシピ集」の発行、試食会や相談会を設け保護者支援も行っています。

ひとりひとりの個性と成長に合わせ、このような経験を援助することで「生きる力」を引き出す保育を行います。

給食は、離乳食や食物アレルギーなどについて、個別対応を行っています。行事食や郷土料理の日を設け、食の伝統を学びます。おやつを含め食材は、国産品を利用し、丁寧な手作りを基本としています。素材の味を活かした、薄味で提供しています。