「子育て支援を通して社会に貢献」を理念に保育園を運営しています

「子育て支援を通して社会に貢献」を理念に保育園を運営しています

当社の理念

子育て支援を通して社会に貢献

アートチャイルドケアは、引越事業を中核とするアートコーポレーショングループの一員です。アートグループの代表である寺田千代乃が、自らが子育てと引越事業の両立に大変苦労した経験から、働きながら子育てをする女性や保護者を少しでも支援したいという思いで、2005年に保育事業に進出したものです。

このような経緯から、アートグループの中で、アートチャイルドケアは、子育て支援という社会貢献の意義が大きい事業と位置付けています。従って、アートチャイルドケアの企業理念は、「子育て支援を通して社会に貢献する」であると定義しています。
全ての経営判断の基準を、この企業理念に置いて、経営を進めてまいります。

  • 高品質な保育・4つのアプローチ

    アートチャイルドケアでは4つのアプローチで高品質について考えます。

  • 安心・安全への取り組み

    保育所運営にとって、安心・安全は何よりも優先される基本です。

  • 働きやすい環境・制度

    保育は人が人と向き合って成立するものです。

  • 人材育成・研修

    保育の品質を作る基本は、保育従事者の人間としての成長と保育技術の習得にあると考えています。

  • 睡眠と生活リズム改善運動

    「睡眠と生活リズム改善運動」を通して、ご家庭と共に子どもの育ちを支えていきたいと考えています。

  • 発達支援教室について

    子育て支援を通して社会に貢献するという企業理念の実現のために、日本全国でこのSED SCHOOLを展開していく予定です。

  • 品質向上委員会

    全国の保育園で保育の質の向上をめざして、本社職員と園職員が一緒に取り組みを行っているのが、品質向上委員会です。

  • 子育て研究所

    こんな子育ての困りごとや、悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。