事業所内・院内保育はアートチャイルドケア

当社の理念

安心・安全への取り組み

保育所運営にとって、安心・安全は何よりも優先される基本です。アートチャイルドケアでは、保育について語る時には、常に、「安心・安全を大前提として」という言葉をつけて、取り組む事にしており、また、安心・安全であるかを経営判断の基軸に置いた上で、保育に取り組んでいます。 具体的には、安心・安全を守るために次のような様々な仕組みを作っています。

マニュアルの整備

400ページに及ぶ保育マニュアルの大きな部分を安心・安全関係が占めており、逐一、改訂しています。

マニュアルに基づく様々な研修の実施

園長、職員、また保育士だけではなく栄養士、調理師、看護師向けの様々な研修を行っています。また、経験年数に応じた研修を実施しています。

社内監査の実施

マニュアルに基づいた運営が行われているかを、自主監査、社内監査において検証しています。

お客様の声を聴く仕組み

安心・安全を含む保育所運営について、お客様の声を聴く様々な仕組み(CSカード、コールセンターの設置等)をつくり、一人よがりにならない対策を講じています。

有力な顧問陣のアドバイス

保育所の保健衛生をはじめとする専門分野の方々を顧問としてお招きし、タイムリーにアドバイスを受けています。

安心・安全は、たとえ仕組みがしっかりとあっても、実践されなければ意味がありません。そのためには、常に、保育という非常に重要な業務に当たり、いささかも、気を許すことができないという心構えが必要です。

常に、全社でその心構えを維持していくという姿勢が
大切だという事を忘れずに保育に向かっています。