アートチャイルドケア札幌桑園の保育施設案内

アートチャイルドケア札幌桑園の保育施設案内

保育施設案内

入園等につきましてのお問い合わせ

中央区保健センター健康・子ども課 子ども家庭福祉係

TEL011-511-7224

認可 月極保育

アートチャイルドケア札幌桑園

2014年4月1日、桑園地区にアートチャイルドケアが仲間入りしました。
近隣には、植物園、近代美術舘、知事公館など文化的施設があり、都心の中でも静かな環境に立地しています。
園内は1階が室内園庭、2階が乳児保育室、調理室、一時保育室、3階が幼児保育室、支援室、ホールになっています。
一時保育や支援室を活用し、地域の方たちにも広くご利用いただけるような施設を目指し、職員一同力を合わせ保育をしていきます。

  • 住所

    〒 060-0005 北海道札幌市中央区北5条西12丁目6-1 ティアラスタービル2F

  • アクセス

    JR函館線「桑園駅」徒歩12分
    地下鉄東西線「西11丁目」徒歩12分

  • TEL

    011-231-0125

  • 開所時間

    7:00~19:00
    (うち延長保育時間 18:00~19:00 標準時間の場合)
    ※短時間区分についてはお問合せください。

  • 閉所日

    日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)

  • 定員

    60名

タブの部分は横にスクロールできます。

保育室の様子

今年度、最後となる3月を迎えました。日照時間が長くなり、少しずつ春も近づいてきています。
0歳児クラスで新聞紙遊びを楽しみました。保育士の真似をして大きな新聞を小さくちぎったり、ほうきを作って手にするとお部屋を一生懸命掃除していました。
頭上から沢山振ってくると、「わー!」と大歓声があがり、手を広げて降ってくるのを待っていました。お片付けの時にはポリ袋につめて小さなオバケになりました。
3月3日は『お別れ会』でした。卒園式を前に、今まで一緒に生活した小さなクラスのお友達と楽しいひと時を過ごす会です。卒園式は在園児の参加がない為、お祝いの気持ちも込めて各クラスで歌を披露したりダンスを披露、保育士劇もあり卒園児の門出を祝いました。乳児クラスを除く全クラスが参加しての行事は久しぶりという事もあり、賑やかな会となりました。
3月13日には卒園式が行われました。素敵な服装に身を包んで登園してきた子ども達。いつもと違う雰囲気に少し緊張していましたが、元気な声で返事をしたり、感謝の言葉を立派に伝える事が出来ました。
式の後半の動画鑑賞では、生活発表会や保育活動の様子が流れ楽しい時間となりました。残り少ない保育園での生活を元気に楽しく過ごしてほしいと願っています。
きりん組10人のお子様・保護者の皆様、卒園おめでとうございます。

  • 新聞紙あそびをしました。

  • お別れ会をしました。

  • 第七回卒園式

キャリア採用

認可

アートチャイルドケア札幌桑園【保育職員】
【地域限定正社員】(保育士)
職種 認可保育園の保育士
資格 保育士
業務内容 ・定員60名の認可保育園で0~5歳児のお子様の保育
・昼食・おやつ準備
・掃除
・連絡帳等の書類記入
・お子様送迎時の保護者対応
給与 月給183,000~208,000円

※残業手当あり

【賞与】
年2回(業績による)

認可

アートチャイルドケア札幌桑園【保育職員】
【正社員】(保育士)
職種 認可保育園の保育士
資格 保育士
業務内容 ・定員60名の認可保育園で0~5歳児のお子様の保育
・昼食・おやつ準備
・掃除
・連絡帳等の書類記入
・お子様送迎時の保護者対応
給与 月給 184,000~209,000円

※残業手当あり

【賞与】
年2回(業績による)

認可

アートチャイルドケア札幌桑園【保育職員】
【パート】(保育士)
職種 認可保育園の保育士
資格 保育士
業務内容 ・定員60名の認可保育園で0~5歳児のお子様の保育
・昼食・おやつ準備
・掃除
・連絡帳等の書類記入
・お子様送迎時の保護者対応
給与 時給 950円

【賞与】
おつかれさま賞(業績による)

保育所の自己評価・第三者評価結果公開ページ

保育所における自己評価の結果の公表により保護者様や地域住民の皆さま等からの意見を汲み取りながら、保育の内容等について相互理解や改善に取り組んでいきます。



保育所の自己評価公開ページ



苦情対応公開ページ


皆さまから寄せられた苦情に対し、更によりよいものにしていけるよう、ご意見を建設的に積み上げてまいります。ここでは個人情報を含むものや利用者様が拒否された場合を除き、このページで公開し、今後の業務の改善に取り組んでいきます。


苦情対応公開ページ

保育施設一覧に戻る