事業所内・院内保育はアートチャイルドケア

当社の理念

品質向上委員会

保育の質の向上をめざして、全社一丸となって取り組みを行っているのが、品質向上委員会です。
体操・リトミック・絵本の読み聞かせを「あそびを土台とした向き合う保育3つの柱」と定義し、教え込むのではなく、あそびの中から楽しく学んでいくことを目的に保育の活動に取り入れています。

プロジェクト1 体操

身体能力を伸ばし、体操を通じて心のバランスを図ります

体操に必要な平衡感覚(バランス感覚、逆さ感覚、高さ感覚、回転感覚)や腕支持感覚に注力し、年齢や発達に応じた体操に取り組んでいます。
基礎体力のない状態や発達に合わない運動(鉄棒・跳び箱へのチャレンジ)は、大きな怪我へとつながるリスクが非常に高い反面、運動器具を使わなくてもできる最も身近な遊びですので、あそびの延長として日々の保育で基礎体力を身に付けられるように心がけています。
また、鉄棒・跳び箱・マット・長縄・短縄・ボール・平均台・陸上の各分野において年齢別達成目標を設定するとともに、段階を踏んだ体操を行っています。

プロジェクト2 リトミック

音楽と身体の動きを結びつけることで、心身の調和を図ります

リトミックは体操とは違って、決まった動きや振り付けがあるわけではありません。
音楽に合わせ、走る止まるジャンプするなど、自由に動く事を楽しみます。
例えば飛行機のまねっこ。両手を広げて走るお子様もいれば、うつぶせになり背中をそらせているお子様もいる。お子様が感じたそのままの動きを大切にし、保育者はさらに引き出す声かけをしています。

そんなリトミックの活動が、お子様一人ひとりの個性を尊重する事になり、豊かな表現力を身につけられると思います。
また、乳児のお子様には、保育者の膝の上で音楽に合わせ身体を揺らしたり、鈴等の楽器を持ち振ってみたりと、音を楽しめるよう工夫をしています。

プロジェクト3 絵本の読み聞かせ

想像力・集中力を育て、豊かな人間性を育みます

絵本は子どもの心を育てます。
言葉が豊かで、会話が広がる人は幼い頃から読み聞かせや絵本に触れる機会が多く、本を読んでもらったことでたくさんの言葉に触れていました。この時期に、どれだけの量の言葉、質の高い言葉に触れていたかで言語能力が大きく変わります。また、生きていく力は「言葉」で培われます。
絵本には乱暴な言葉はほとんど使われてなく、キレイな言葉や前向きな言葉、そして正しい日本語(母国語)で物語が語られています。そのため、読み聞かせをすることで質のよい言葉に触れる機会が圧倒的に増え、想像力や思考力が養われ、心が豊かになっていきます。
保育者がどれだけ読み聞かせや絵本に触れる機会を提供できるかを考え、日々の保育に取り入れています。

プロジェクト4 遊び

すべての土台となるのがあそびです。
子どもの興味を引き出すためには、環境を整えて提供することが必要です。

乳児期は、一人遊びや保育士との関わりを楽しむ時期です。一人で集中して遊べるパーソナルスペースを作り、集中力を養い、子どもの興味関心を引き出せる保育をしています。また、保育士と関わりながら体を動かすスペースを作り、子どもが安心して動ける広さと、様々な物に興味を持てるような環境設定を行っています。

幼児は、友達とごっこ遊びを楽しむままごとコーナーなどで、友達との関わりやルール作って守るということを学んでいます。また、絵本が読める絵本コーナー等も設置し、想像力も養う環境作りをしています。

様々な環境設定から、子どもの興味関心を読み取り、さらなる環境作りを行い、子どもたちのあそびの展開のサポートをしながら、友達との関わりや成長過程につなげていけるよう日々の保育に取り組んでいます。